​お品物のお問い合わせはこちら

Mail :

  Tel :

insta_l.png

© 2019 CLOTH&CLOTHING

​Note

    これからの配色




    枝の表皮のような色(赤や紫に触れてる茶色)を中心に、


    少しずつお品物が届いて来ております。





    幕府により、派手な衣服が制限されていた江戸時代。


    厳しく制約された暮らしの中で、自分の個性を精一杯表現しようとした。


    茶色や鼠色(ねずみいろ)に

    微妙な色調の変化をつけ

    奥ゆかしい色合いを楽しむのが


    当時の庶民たちにとって「粋(いき)」とされたそうです。



    美しさの微妙な違いを

    的確にとらえ楽しむ事の出来る繊細な感覚を持ってこれからの季節楽しみたいです。