​Note

なるほど、サラサラだ。





感動パンツを穿いてみた田中さん。その感想を聞かずに「当てさせて」と加瀬さん。のCMが今、結構お気に入りです。





どう?


当てさせて、それ何文字?


4文字。


せーの「サラサラ」、「サラッサラ」


「なるほど、サラサラだ。」(サーフィンでごまかす、加瀬さん。)









肌離れの良いパンツの表現は、


「なるほど、サラサラだ。」


が正解なんだと思います。




それでは今回はNO CONTROL AIRのボトムスをご紹介




ファッションが好きになり、古着から色々学び。

メンズの基本の4つのユニフォーム 「ワーク、ミリタリー、スポーツ、ドレス」

その感覚すべてが混在して自分なりの着こなしがようやく楽しめるようになった気がします。



特にボトムス選びはその影響を色濃く感じており、

NO CONTROL AIR に出会うまでは4つのカテゴリーの中で選びがちでした。




NO CONTROL AIRは「ありそうでないもの」を作ろうと思って作るデザイナー米永さんが、

手がける2000年からスタートした日本のドメスティックブランド。



天然素材のナチュラル服が、流行していた中


NO CONTROL AIRは化繊、合繊に魅力を感じ

(みんながそっちに行くなら自分はこっち。と)


ファッション業界で独特の居場所を、自らの個性で切り開いてたブランド。


NO CONTROL AIRの中心にあるのは

極端なシルエットや素材でみせるボトムスの面白さにあると僕は思います。



洋服選びの難しいところですが


ボトムスを購入する際、

形から選ぶ事が多いいです。


しかし実際にコーディネートする時は、

素材や色から決める事が多いい気が僕はします。


ワークウェアのような、豪快な生地感のモノやチープデザインのモノには

ウール素材や化繊素材など、対局にある綺麗めな素材感のものと合わせたり。


意外と細かく計算しながら。足したり、引いたりを楽しみます。


なので、新しい洋服を買う時は

手持ちのワードローブを見つつ楽しいコーディネートができるかが重要だったりします。


もちろん、衝動買いもありますが。



今回のNO CONTROL AIRのボトムスの素材は


気持ち薄手ですがしっかり目に打ち込んだ100%ポリエステル素材の生地です。


通年使えるであろうドライタッチな肌触りと

肌離れもよい気持ちが良い生地感。


色も化繊独特のべったと感じは全く無く

TOP染したウールのメランジ素材のような印象。



実際はポリエステル糸をメランジ調に染色するのはとても高度でな技術が必要で、

洗濯表示やラベルに「ポリエステル 100%」と記載されていても、

異なるポリエステル糸が組み合わさっている場合が多々あります。



組成表示だけでは表現できない、奥深さが生地にはあるのです。

(染る部分と染まらない部分による「表情」ができる為。)


もちろんポリエステルですので、軽くて耐久性があり

手洗いも可能です。(乾きも早い)


ウエストは6cm幅のゴムの裏中央に2cm幅の紐を通す筒があるデザインになっており

ウエスト紐の位置がズレない仕様です。

ウエスト裏地の生地は非常に薄く柔らかいヘリンボーン生地

こう言った部分の細かい気遣いが大人なパンツの印象を強く与えます。


(ウエストを厚ぼったくせず、ゴワゴワを感じさせない気遣い)


ポケットは両サイドにしかついないのですが、

前後に収納できる仕様になっております。




色は3色で

グレージュ

メランジ調のグレー

メランジ調のネイビー





着用画像

脇に剥ぎが無くストンとサイドも落ちるデザインが、

スラックスとも、ジャージのパンツとも異なる印象。


脇に剥ぎがない分肌あたりのストレスも非常に軽減しており、気持ちが良いです。



ウエストは74cm-96cm(ゴムで調整可能

もちろん縮めると50cm位まで調整が可能。


ワタリは36cmと少し広めですが裾は15.5cmとキチンとテーパードしたデザイン。


前の股上が34.5cmで後ろ股上47cmとヒップ裏へから腰吊り上がりますので

ウエスト位置によって膝裏から裾に向かってのシルエットに変化をつけれます。


※着用画像は比較てくウエスト位置を高めで着用しております。(おへそ位置程度)






コーディネート画像

すぐに完売してしまったアイテムなのですが、NO CONTROL AIRのロングシャツに

インナーもNO CONTROL AIRの半袖TEEを合わせております。


シャツはハリのあるコットンタイプライターに

T-shはシルケット加工を行い毛羽が無いスッキリとしたモノ。


奥行きのある素材感を楽しむワントーンコーディネートで合わせてます。



生地段階で洗い加工を行なっている事もあり、

生地に細かいニュアンスがあります。


その為、色ムラや生地ムラをそのまま活かしながら作る

天然素材のものとの相性もとても良いです。



合わせたものはMITTANのシャツとTシャツで

インドのコットンカディを国内で藍染と胡桃染で二重染したもの。


しっかりとトップスと引き立ててくれますね。 コーディネート で合わせたアイテムはこちら

Trousers:NO CONTROL AIR (詳細はこちら

着用サイズ:M

モデル:170cm



Shirts:MITTAN(詳細はこちら

T-sh:MITTAN (詳細はこちら



C&C的感動パンツを是非お試し下さい。





CLOTH&CLOTHING(クロース&クロージング)

225-0002 横浜市青葉区美しが丘 1-10-8​ 第一みなもとビル 2-C

東急田園都市線  たまプラーザ駅北口より徒歩5分