​Note

STYLE SAMPLE NO,410



天然素材と化繊素材を理解しながら着こなしの組み合わせを考えていくのが好きです。


MITTANのシャツは綿を天然染色した灰色


NO CONTROL AIRのボトムスはマットなタッチに仕上げてポリエステル素材。

シワになりにくい素材は気持ち綺麗めな印象に。


artensのセーターは、発色性に優れており、丸みがありながらコットンのような風合いを楽しめるメリノウール。



ワンポイントとなり素敵な仕様の補強ステッチ。

MITTANの松田さんが数ヶ月かけて補強のミシンステッチを打ち込んだとか。

襟と袖の補強のステッチはインドの手刺繍、カンタを参考にしたそうです。


【生地】

インド・西ベンガルで経糸緯糸共に手紡ぎ、手織りで作られたカディ生地は 比較的短繊維のデシコットンを手紡ぎ手織りにすることで生まれる不均一性は、もうひとつの肌のような質感で、光に透かしても美しいのが特徴です。


時折ランダムに見られるボーダーは、手仕事による細かな糸のロットの変化によって生まれ、

それも特徴の一つとなっています。

シャツは色は、松煙


【松煙染め】

墨の原料でもあります、松を燃やして出た煤(すす)を原料にした墨染めです。



コーディネートアイテムはこちら


Knit:artens


Shirts:MITTAN


Trousers:NO CONTROL AIR


Bag:texnh


Shoes:DELMONACO


Socks:Ayame' socks


赤字部分をクリックして頂くと商品詳細ページへ移ります。

artensのニット


繊維長が長く、白度が高く発色性に優れたポロワース種の糸をしようしております。

更に強撚をかけた事で、生地にした際も毛羽立ちを抑えられ耐久性にも優れております。


色の染まりも良いので、パキッと色が入ったartensオリジナル糸。


大き目の襟はトップボタンを止めて着ても、開いて着ても。

様々な表情で着る事が出来るように設計されておりますので、インナー使いでも羽織としても着用頂けます。


カフスのような袖先やニットでは難しいとされているラウンドさせたシャツテールなど


artensらしい拘りの仕上がりとなっております。


様々なアイテムの良い部分が微妙に交じり合ったバランスのニットのシャツをお楽しみ下さい。



【artens/アーテンス】

すてきな糸をつくること。“縁”を紡ぎ、始まるつながりを大事にすること。

その思いを“artens”というブランド名前に込めてニット作りを行っております。


art+en > science

art は 芸術 というより 心を揺さぶる技術 や 職人芸

science は 科学 というより 筋道を立てた理論


今はartがscienceに勝てることが少ない

だからこそenが大事だよと思う


そんな気持ちを集めてモノを作りたい。



STYLE SAMPLEではお店に並んでいるアイテムから

日々の「着こなし」をご紹介させて頂きます



その雰囲気からお店そのものを感じてもらえれば幸いです

洋服の楽しさを味わえる場所となりますように






CLOTH&CLOTHING(クロース&クロージング)

225-0002 横浜市青葉区美しが丘 1-10-8

第一みなもとビル 2-C 東急田園都市線

たまプラーザ駅北口より徒歩5分